痛くて死にそうな脱毛は過去のこと

ゴリラ毛にはもう我慢ならん!脱毛大作戦痛くて死にそうな脱毛は過去のこと

痛くて死にそうな脱毛は過去のこと

永久脱毛は痛いというイメージをもっている人もいると思います。その理由としては、おそらくニードル脱毛のことを口コミなどで聞いたのだと思います。ニードル脱毛は、いまでも脱毛サロンで行われている施術方法で、永久的脱毛効果は高いのですが、いかんせん痛みが強いという欠点があるのです。

 

いま全身脱毛で主流になっているレーザー脱毛や光脱毛は、特別なレーザー、光を肌に照射することによって毛が成長するための組織を破壊するのです。毛の生える部分の毛乳頭から新しい毛が再生しなくなったときに、始めて永久脱毛が完了することになります。

 

黒い物は光を良く吸収し熱くなるので、焦げやすい性質がありますが、レーザーや光脱毛ではこの特徴を生かして毛の生える部分にめがけて照射します。そのなかで成長期の毛に絞って施術を行っていくことで、どの毛も最終的に脱毛していきます。毛根にはほかに退行期や休止期があり、それらにはレーザーを照射しても効果はありません。太くて黒々した毛の状態のときにこと最大の効果が出るのです。

 

レーザーや光脱毛の前は、電気シェーバーなどでのシェービングをして施術にのぞみます。場所にもよりますが、顔だと1ヶ月に1回、体全体だと2ヶ月に1回くらいの施術が適当です。


ホーム RSS購読 サイトマップ